着物の持ち運び

和を着る
   

着物の持ち運びは風呂敷で

着物の着付け教室に通う時や、自分で着られないので美容室で着付けをしてもらう時など、着物の持ち運びをする必要が出てくる場合があります。
普段からあまり着慣れない人ほどそういった機会が多いので、押し入れに仕舞い込んでいる箱のままで運搬する人が多くいます。
箱ごと持って行けば間違いないだろう、と思ってのことでしょうが、これは運搬先によっては迷惑になる場合があります。
まず箱ごと持って行くと、着物を着終わったら箱が残ることになります。
着付け教室であれば、教室で使ってまた箱にしまえば良いのですが、もしも美容室での着付けであれば、箱を持って帰らなければなりません。
わざわざ美容室に行って着物を着るのは、どこかへお出かけをする予定があるからでしょうから、箱を持ち歩くのは大変邪魔になります。
そのためにロッカーなどを借りるのも不経済です。
持ち運びする時は、箱から出して、きれいに畳んで風呂敷で包むと便利です。
風呂敷ならコンパクトに畳めて持ち歩くにも邪魔になりません。

「持ち運び」を考えると着物は優秀です!

日常的にほとんど着なくなりましたので、意外に思う方が多いかもしれませんが、着物は持ち運びが非常に簡単です。
理由も簡単です。
洋服は体の形に沿う形で作ってある、いわゆる3Dで設計されているのに対し、着物は完全に二次元で作られた着衣だからです。
想像していただきたいのですが、洋服をたたむとき、ブラウスなら脇下や胸部、ズボンなら股下にどうしても無理が出てきます。
普段着であれば許容範囲となりますが、おしゃれ着、フォーマルでは「しわ」となりますのでたたまずにハンガーで吊るす形になります。
持ち運びも当然、吊るしたままが理想的な状態です。
着物の場合、まるで折り紙を折るように真っ平らになります。
ここが優秀なところです。
折り線は出来ますが、不思議なもので着てしまえばなじんでしまいう部分、帯に隠れる部分なので全く気にならないのです。
いつかある歌舞伎役者さんがおっしゃっていました。
「こんな派手な衣装も、全部平らにたためるなんて!着物ってすごいよね」

おすすめWEBサイト

羽田空港の駐車場の予約を行う

2017/7/14 更新

Copyright (C) 2015 和を着る All Rights Reserved.