着物と洋服

和を着る
   

着物と洋服を混ぜたコーデは、実は昔から

最近は、カジュアルファッションとしての和装の好きな比較的若年層の方も増えてきました。
彼ら彼女らの和装ファッションコーディネートの特徴の中でもユニークなのが、靴や帽子などの洋服用の服飾品を着物と組み合わせたスタイルです。
意外と、見ていても違和感を感じずむしろ斬新な魅力を感じるという方は多いですが、実はこうした和装と洋装を混在させたカジュアルなファッションコーディネートは、明治〜昭和時代の初め頃までは非常に一般的でした。
明治〜大正期に描かれた浮世絵(錦絵)や新聞の1コマ漫画を見ると、その絵の中の人物がしばしば洋装と和装を混ぜたファッションスタイル(着物を着て帽子を被り靴を履いていたり、現代人がワイシャツの上にジャケットを着るような感覚でワイシャツの上に着物を着ていたりなど)であること、そしてそのスタイルがいわゆる「変な格好」とは必ずしもみなされていないことに気付きます。
つまりこの時代には、和装と洋装が混在するコーディネートはごくごく普通のことだったわけです。
女子学生の卒業式の衣装として人気のいわゆる「大正の女学生スタイル」で、履物には草履の他にブーツも選ばれますが、これもこの時代の服装の再現です。

人生の節目の儀式には洋服より着物を!

私たちが、普段、毎日着ている洋服。
動きやすさやファッション性などを兼ね備えた現代の私たちの暮らしに欠かせない存在です。
しかし、日本には、古来から着物という伝統的な装いがあります。
格式や品格をもった着物は、大切な儀式やパーティなどには、正式な礼服としても認められているものです。
だからこそ、多くの方が、人生の節目節目には着物で装っています。
結婚式などはその代表例で、新郎新婦が和装で式にのぞんだり、参加する親族の方々が黒の留袖を着用したりしている姿は今でもよく目にします。
また、目上の方のお宅にうかがう時や重要なご挨拶の際には、訪問着を身にまとって礼儀をつくすシーンも、日本ならではの風習でしょう。
着物は、洋服とは違った凛とした雰囲気や意識を表現できるもの。
着ているだけで、特別な日、特別な時間を作り上げてくれます。
ここ一番という場面には、日本の美しい伝統のひとつである和装を活用してみるのはいかがでしょう。

注目サイト

Last update:2016/7/13

Copyright (C) 2015 和を着る All Rights Reserved.